立会外分売という株式投資方法

株式売買の方法の中に立会外分売といって、前日の終値よりもディスカウントされた形で株式を投資家に株式を売却する場合もあります。この立会外分売で株式の売却は、大株主が何らかの理由で大量の株式を売却したいときに行われるようです。
私は株式を大口投資家から分けてもらう個人投資家として立会外分売に参加しています。
自分が知っている銘柄の場合はその銘柄を立会外分売前からよく調べているので、その立会外分売に申し込むのかそれとも見送るのかは自分の目だけで判断できます。
しかし、自分で立会外分売が行われる全ての銘柄を知っているわけではないので、そのような時は立会外分売の銘柄を分析した個人サイトを複数閲覧して、誰もが太鼓判を押す銘柄はとりあえず申し込むようにしています。
ただ、この誰もが太鼓判を押す銘柄というものは、それだけ多くの人たちが立会外分売に申し込んでしまうので、その銘柄に当たる確立はかなり低くなってしまっています。特に、株式市場の状態がいいときはその競争率もかなり高いものになっています。車買取に出す前には相場を知っておこう

Comments are closed.

Categories
Bookmarks